脱毛ラボ|VIOの「剃る」「抜く」「切る」はキケン

VIOの「剃る」「抜く」「切る」はキケン

デリケートゾーンの自己処理してる?

  • 55% 自分でしてる
  • 33% お手入れなし
  • 12% サロンで脱毛した

 

見ての通り通り、本人の処理とサロンで脱毛した人を合わせると、なんと67%もの女性が、VIOの毛に悩み、ケアを体験しているという集計が出ています。マナーといった形で、常識的な時代なのかもしれないですね。ご自分の周りも、実を言うとみんなケア済みなのかもしれませんよ?

 

デリケートゾーンの自己処理ランキング

カミソリ
毛抜き
電気シェーバー
ブラジリアンワックス
除毛クリーム

 

本人での処理だと、やはりカミソリや、毛抜きなどがほとんどです。昨今では流行りのブラジリアンワックス派なんて人も。「ムダ毛剃り派」「ムダ毛抜く派」「ムダ毛溶かす派」などさまざまなタイプがありますが、あなた自身はどのメソッドに当てはまるでしょう。また、本人での処理のデメリットに関して、みなさんは認識してますか?

 

自己処理のデメリット!!

剃刀は肌にダメージを与えてしまう!

剃刀は皮膚をそるこういであるためオススメしません。肌を守る機能が低下して、ヒリヒリするなんてこともあります、また痒みや敏感肌の原因になるためいいことありません。もともとVIOラインは皮膚が強くない箇所なので、剃刀で皮膚をそると、肌が更に弱ってしまいます。可能であるなら、剃刀ではなく、電気シェーバーで優しく処理する方法がおススメです。

 

実は抜くのが一番キケン!

毛抜きのみならずテープやワックス脱毛といった抜くのみの本人での処理は肌に対する負担が多大なのです。何よりも、ワックスやテープは肌をはがしてしまうことから肌バリアを低下させてしまうのです。毛抜きは肌を傷つけてしまうのみならず、毛穴を傷めてしまい炎症を起こしてしまうのです。更にリピートしているうちに色素沈着が起こり、着々とムダ毛が目立ってしまうことにもなりかねないのです。

 

毛穴が更にひどくなってしまうと抜いたムダ毛がふたたび生えてくるとき、毛穴が炎症してしまう事例も考えられます。見た目を美しくするために脱毛しているのにはっきり言って返って逆効果すね。ともかくVIOラインはムダ毛処理の痕を本気で残したくないパーツと言う理由から、毛抜きをはじめデメリットだらけの抜く本人での処理は絶対にやめてください。

 

切るだけでは理想とは程遠い仕上がりに

デリケート部分のヘアをハサミを使って切るとなると活用できるフィールドが限られます。普通のハサミのケースでは皮膚や粘膜を切ってしまうおそれがあり、注意がないとできませんね。更にはVIOラインを薄く施すことは可能ですが、大幅に整えるには困難だというのも欠点でしょう。

 

脱毛サロンのデメリット!?

「剃る」「抜く」「切る」といった処理方法がありますが、じぶんで処理をするとかえって悪化することもあります。脱毛サロンでの脱毛はデメリットはほとんどありません。

 

やっぱりね自己処理がラク、積み重ねて行っていれば自己処理がまったくもって不要になるのでかなり気持ちよくなりますよね。セルフケアによる肌荒れや痕が残って美しく処理できないなど、あらゆるVIOの悩みを解消してもらえる脱毛サロンは女性の絶大なるつよい味方と断言します。ムダ毛が生えなくなるのでお肌問題も消えてつるつるになれますよ。

 

 

 

 

「選べる部分脱毛」

 

 

VIOの「剃る」「抜く」「切る」はキケン

脱毛ラボの口コミまとめ

全身脱毛ってどうなの?

他の脱毛サロンを比較しよう♪

愛を確認するとき男はどこみてる?

VIO「剃る・抜く・切る」はキケン!

全身脱毛のメリット♪